肝炎ウィルス検査とは?その症状は?

身近に肝炎の方がおられる人は要注意!

肝炎ウィルス検査ってどんな検査?

シンプルに血液検査です。
肝臓は「沈黙の臓器」と言われていて自覚症状がないため、既に肝硬変や肝臓がんに進行している人が少なくありません。
そして、ウイルス性肝炎は血液を介して感染する病気なので、身近に肝炎の人がいる場合は、念のため調べておいたほうがいいでしょう。

ウイルス性肝炎は、ウイルスによって肝臓の細胞が破壊され、機能が失われる病気です。悪化すると肝臓がんにつながることもあります。もし発見された場合は治療で肝臓がんの発症を未然に防ぐことも可能です。

肝炎ウィルス検査で何がわかる?

ウィルス性肝炎

肝炎ウィルス検査に伴う体の負担(痛み)は?

血液検査なので採血があります。注射が苦手な方は辛いかもしれません。

肝炎ウィルス検査時間/費用は?

時間:約5分 / 料金:0円 ~ 3,000円

地域によっては無料で検査を受診できます!

ほとんどの自治体で「肝炎治療」についての取り組みをされていて、
検査も無料で受けられるところがたくさん存在します。
このサイトからお住まいの地域での取り組みが閲覧できます。
無料で受診できるかどうか確認してみましょう。
各自治体の「肝炎ウイルス検査」についての取組

自宅で手軽にできる検査キットあります。

  • 自治体で取り組みがされていない
  • 検査してみたいけど…仕事や育児で病院にいく時間がない
  • 誰にも知られずに検査したい など
    都合がつけにくい人には自宅でできる簡単検査キットがあります。
    ちょっと見てみる

免疫抑制剤を服用されている方は「薬剤性肝炎」に注意!

肝炎の種類は計4種類あります。

  • ウイルス性肝炎(肝炎ウイルスによるもの)
  • 薬剤性肝炎(薬物や毒物、化学物質によるもの)
  • アルコール性肝炎(アルコールによるもの)
  • 自己免疫性肝炎(異物を攻撃するための免疫系が、自分自身を攻撃してしまうことによるもの)

日本では肝炎の多くが「ウイルス性肝炎」です。
しかし、関節炎などの治療に向けて免疫抑制剤を服用されている方は「薬害性肝炎」にも注意する必要があります。
それは、免疫抑制剤の副作用で肝機能が悪化することがあるからです。
場合によっては薬の服用を止めないといけないかもしれません。心配であればお医者さんに相談してみてください。

Ad