がん系のオプションドック

medical-kit

決して高額な検査ばかりではない!

「がん」の精密検査と聞くと、少し構えてしまうのではないでしょうか。

それは「がん検査」= CTやMRIというイメージが先行し過ぎている背景があるからだと思います。

しかし実際の検査は血液検査の簡単な検査もあり、料金もピンからキリまで存在します。

最初から高額な精密検査を受ける必要はない!

人間ドックを意識し始める30代から高額ながん検査を受ける必要はないと思います。

あくまで統計ですが、厚生労働省が発表している年齢別のがんの発症率を見てみてもやはり発症率が高いのは40代です。

しかし、「人間ドック」については健康の意識レベルが高い人は別にして、大半の人が今後そう何回も受診することはないと思います。

早期発見が命を左右するのであれば、「人間ドック」の際に「がん」の危険を調べる価値はあると思います。

最初の検査は手頃な「血液検査」でがん傾向をチェック!

30代未満の大人が「がん」になる確率は低いとされていますが、それでも0%ではありません。

すでに家庭持ちの若いお父さんで「オレの実家はがん家系だ!」

という方は次の人間ドックで少しは「がん検査」を取入れてみてもいいかもしれません。

以下の検査の上3つは血液検査なので、体への負担も少なくしてがんの危険を確認できます。

Ad

さらにワンランク上の精密検査

いよいよ「がん」について気になりだすのが40代、この歳になると施設側からも精密検査を勧められるようです。

下の一覧の最後の「PET-CT検査」はやっている施設も限られていて、

且つかなり高額なのでなかなか手がでないと思いますが、一度で全身のがんの危険が調べられます。

「面倒な検査はイヤだ!お金ならある!」という人には都合のよい検査かもしれません。

関連ページ